ノロウイルスには予防接種が有効と言われている

ウーマン

子供や赤ちゃん

レディ

子供も感染すうるので注意が必要

ノロウイルスは大人だけが感染する感染症ではありません。子供や赤ちゃんにも感染することがあるのです。きちんと予防をしておく必要があるでしょう。子供や赤ちゃんは自分で予防をすることが難しいといえます。子供や赤ちゃんがノロウイルスに感染してしまうと初めに嘔吐や腹痛などが現れるでしょう。また、下痢も出始めます。高熱を出すこともありますが、熱に関しては1日で改善する場合が多いでしょう。子供や赤ちゃんの場合は嘔吐や下痢、腹痛などの症状がでることで食欲が減り、体力が低下する傾向が見られます。症状が悪化すると脱水症状を起こすこともあるので注意しておきましょう。そして、嘔吐物を喉につまらせて死亡する事もあるので、嘔吐している時には喉に詰まらせていないか気を配ることが大切です。

子供が感染しないために必要なこと

一般的にノロウイルスの感染経路は口と言われています。経口感染による感染が最も多いのです。その為、経口感染を予防する対策が必要になってきます。子供や赤ちゃんの場合でも経口感染に気をつける必要があるでしょう。手や食器に付着したウイルスを口に運ばないようにするのが大切になってきます。基本的に外出した後は、子供や赤ちゃんの手をしっかりと洗ってあげることが予防には大切です。手洗いをする場合は、流水時間を10秒から15秒は取る必要があります。しっかりとウイルスを洗い流しましょう。また、調理を行う場合は、調理器具や食器などにウイルスが付着しないようにしっかりと洗浄しておきましょう。洗浄した後に消毒することで、効果的な予防ができるようになります。また、赤ちゃんの場合はオムツを交換した後にしっかりと手を洗う事も、ノロウイルス予防には大切です。

このエントリーをはてなブックマークに追加